季節行事

足湯を自宅で簡単に♪家のバケツで行う方法【フットバス】

寒くなってきました。部屋を暖かくしても年々足先が冷たく感じて……なんてことありませんか?「寒いなあ」なんて考えていたある日、ふと「足湯」というものを思い出しました。

「フットバス」ともいう「足湯」。実は健康にもいいんです。

足先には血管が多く集まっているので、足先を温めると血流もよくなってむくみも改善し、身体全体も温まります。

お風呂に入るよりも簡単に足の汚れもとれ、素足がさらさらになるのもいいですね。

温泉街では駅前などにも無料スポットがありますが、この記事では自宅で簡単にできる方法について書いています。

足が入るぐらいのバケツがあれば、おうちでも十分に足湯が楽しめますよ。

自宅で足湯をする方法

必要なものや手順について、みていきたいと思います。

用意するもの

自宅で足湯をする場合、最低限必要なものが3つあります。

お湯を張って足をつけられる容器タオル、それから40~42℃ぐらいのお湯です。

この3つだけはどうしても必要なので、ご準備ください。

容器はバケツもしくは洗面器でOKですが、理想はふくらはぎの下あたり(くるぶしの上ぐらい)まで足をつけられるものです!

足湯専用の容器やマシンも存在するので、こだわりたい方は用意してみてもいいですね。

最低限用意するもの

  • バケツor洗面器(お湯を張って足をつけられるもの)
  • タオル(できれば2枚)
  • 40~42℃のお湯

できれば用意しておきたいもの

  • 温度計
  • 差し湯する用の予備のお湯(ちょっと温度高めにしておく)
  • 水分補給用の飲み物(温かい白湯とか)

お湯の温度は40℃~42℃ぐらいがちょうどです。

タオルは1枚はバケツの下に敷く用、もう1枚は後で足を拭く用です。

部屋でやる場合、一番おそろしいのが、「バケツの水をひっくりかえして大惨事」です。次の地味な恐怖は「足湯で温まったあと、濡れた足を拭くものがない」ことです。

関連記事→古くなったタオルはいつ取り換える?捨てる目安

手順とポイント

足湯をする際の手順は次のようになります。

  1. 事前にしっかりと水分補給しておく
  2. お湯の温度は、40℃~42℃ぐらいにする
  3. 足をつける(15分~20分ぐらい)
  4. お湯が冷めてきたら差し湯をする(ヤケドしないよう注意)
  5. 途中で水分補給する
  6. 終わったら足を拭く
  7. 保湿をして、靴下などをはく

足をつける時間について

15~20分程度で汗ばんでくると思うので、そのあたりを目安にお好みで時間調整してください。

また、20分ほどお湯につけたあと、冷水で冷やし、再び3分ほどお湯につけ、これを数回繰り返す、という方法(温冷交互浴)もあります。

最後に

とりあえずバケツか洗面器、もしくはそれに類似するものが自宅にあれば、足湯ができそうです♪

もっと本格的にやりたい!という方には、専用の足湯グッズもいろいろありますので、試してみてはいかがでしょうか。

暖かく気持ちよいリラックスタイムがあなたに訪れますように♪