季節行事

もう結露に悩まない!発生する理由と対策

藤村さき

冬に窓をみると、曇っていることがあります。小さい頃は白くなった窓に絵を描いて遊んだりしたものです。

これは「結露(けつろ)」といって、窓の外と内で温度が違うとできやすいものです。

曇るぐらいならまだいいのですが、水滴がぽたぽたとたれるほどたくさん発生すると、カビなどの原因になります。

窓の周辺が汚れたり傷んだりすると、特に賃貸の場合は原状回復や弁償などの問題が出てきて、困ってしまいますよね。

この記事では、結露が発生する原因や対策を紹介しています。

窓際の憂鬱を、この記事を読んで是非解消していってくださいね。

結露ができる理由

窓に結露ができる理由は、「窓の外側と内側の気温差」「湿度」のふたつです。

窓の内側に結露ができる理由は、窓の外と比べて内側の方が気温が高いからです。

空気中には水蒸気が含まれており、含まれる水蒸気の量は気温が高いほど多いです。

室内の暖かい空気に含まれた水蒸気が、窓で一気に冷やされることで、水に変わってしまうのです。

窓をはさんで暖かい側に結露ができる、と覚えておけば、日常の多くの場面で役に立つと思います。

結露対策

窓の外と室内の温度差が大きいと結露は発生しやすいですが、結露の量は湿度が高いと多くなりやすいです。

部屋の湿度は50~60%に

冬場はもともと乾燥しやすいため、加湿器を利用する人が多いことや、水蒸気が出るタイプの暖房器具を使うこともあります。

湿度が低いとインフルエンザやお肌の乾燥などにもつながるため、加湿器を使うことは好ましいですが、湿度はきちんと把握・管理しましょう。

湿度は50~60%ぐらいになるようにしましょう。湿度70%を超えると結露だけでなく、カビやダニの発生も心配になってきます。

換気をしよう

上がりすぎた室温や湿度をおさえるために、定期的に換気をしましょう。

冬のお部屋は特に閉め切った空間になりがちなので、新鮮な空気と入れ替えることで、空気中の汚れも一掃し、気分もリフレッシュできますよ。

結露防止シートを貼る

手軽に手に入る対策グッズとして、結露防止シート(フィルム)があります。

窓に貼るだけで結露がたれてくるのを防止できますが、シート自体にカビが発生することもあるので、貼っただけで安心せず、ときどきシートを確認しましょう。

結露防止スプレーをかける

窓に結露防止スプレーを吹き付けることで、結露を発生させにくくします。

持続効果は2週間~1か月のものが多く、製品によっては防カビ効果をうたっているものもあります。

まとめ

結露の対策として、もっとも心がけることは「湿度の管理」です。

部屋の湿度は50~60%に管理し、換気も行って、室温・湿度の上がりすぎに気を付けてください。

発生してしまう結露への対抗策としては、結露防止シートや結露防止スプレーを使いましょう。

ただしこうした防止アイテムを使った場合でも、カビなどが発生することがあるため、定期的に窓を観察・清掃することが大切です。

スポンサーリンク
ABOUT ME
藤村さき
藤村さき
記事URLをコピーしました