小ネタ雑談

菜園場町にある武市半平太邸跡及び道場跡に行ってみた

観光名所らしい

新堀川の横にある、横堀公園の横を歩いていたら、たまたま見つけました。

全然知らなかったんですが、観光名所らしいです。

裏側(道路側)から見たらこんな感じ。そう、横堀公園内にあるんです。

もともとは現在地より約30mほど東北の駐車場にあったのが、近年この横堀公園内に移されたということです。

隣には「夫婦石」も

半平太と富さんを偲ぶ「夫婦石」。

右の石が半平太の横顔に似ているらしいんです。

たしかによく見ると、ちょんまげした人の横顔に見えなくもないですね。

武市半平太と「土佐勤王党」

土佐藩郷士で、「土佐勤王党」を立ち上げて盟主となった人物です。

半平太というのは通称で、武市瑞山(たけちずいざん)が正式名称。

いわゆる幕末の志士です。坂本龍馬とは遠縁にあたるらしいですよ。

「土佐勤王党」は、「攘夷」と「挙藩勤王」を掲げ、吉田東洋を暗殺して藩論を「尊王攘夷」に転換させました。

しかし八月十八日の政変により政局が一変し、武市半平太は前土佐藩主の山内容堂によって投獄され、のちに切腹しました。

これにより「土佐勤王党」は壊滅することとなりました。