小ネタ雑談

部屋に入れず車も乗れずスマホも電池がなかった日のお話

今日はここ数年で最もついてなかった日のお話をしようと思います。

概要はタイトルどおりなんですけれども、さんざんな日でした。

でもまあ最悪よりは一歩手前で止まったのでついてたといえばついてたかもしれません。

よさこい祭りの最中のめっちゃ暑い日のお話です。

では聞いてください。

おうちに着くとまず何をする?

その日はスマホでポケモンGOをやりながらおうちに帰ったんですよ。

仕事も昼までで、帰りにはよさこい祭り見物なんかもして、「わーい感動した!」って感じでしたよ。

家にたどり着くとまず何をしますか?

そうですね、まず鍵を開けようとしますね。

私もいつもどおり、ドアの鍵穴に鍵を差し込んで回したわけですよ、そしたら

……あれ?

なんか鍵の手ごたえがないんです。

ちなみに鍵はカードみたいになったちょっと特殊なやつです。

最初は鍵をかけ忘れて出かけたのかな?と思って何回か試したんですけど、空回りばかり。どうやっても鍵が開かないんです!

暑い廊下と開かないドア、そして汗は流れる

廊下がわりと音が響く構造なんで、あんまりがちゃがちゃやるのも気がひけたんですけど、それ以上にうちのアパートの廊下って構造的にめちゃめちゃ暑いんですよ。

暑いからか冷や汗なんだかよくわかんないけど、がちゃがちゃやってるうちにもう汗だくですよ。

……これ以上頑張ってもドアが開きそうにないのだけは、よく分かりました。

スマホの電池残量は10%

はあ、仕方が無い、不動産屋に電話だ!

と、思うも、先ほどまでやっていたポケモンGOの影響でスマホの電池残量は10%ほど……

……大丈夫、足りるよね♪

電話したらすぐに不動産屋のお姉さんが来てくれました♪

マスターキーで試してくれたけど、やっぱり開かない……きっと暑さで鍵が壊れたに違いないと思いましたよ。

結局、鍵屋さんを呼んで鍵を新調してもらうことになりました。

しかし、鍵屋さんが来られるのは数時間後のようだ……。

去り際に不動産屋のお姉さんは「コウカンヒヨウハカカリマセンノデ」と言い残していきました、ありがたや。

開くまで待とう、車に乗って

そうだ!鍵屋さんが来るまで車でどっか行って、ついでに車内でコードつないでスマホも充電しよう♪と思い立ちました!

いいアイデアじゃないですか?

エンジン始動♪……?

ふらふらと車に乗って、エンジンをかけ……かーかーらーなーいー!!?

バッテリーあがり、それは絶望の響き。

ナゼダ。

そうだJAFだ!あ、スマホの電池……

しかたがない、JAFを呼ぼう。私は日本自動車連盟(JAF)の会員なので、無料でなおしてくれるはず、と思ったんですが、ここで問題が……。

そう、スマホの電池です!

電話するにも電池がいるんですけどそれ以上に、会員証もスマホの中にあるデジタルのしかなかったんですよ!!

鍵屋さんからも電話がかかってくる予定になってましたし。

私はつんだと思いました。さっきまでしていたポケモンGOの電池食いに悔いましたね。

しかしこの暑い中、ただじっと数時間立って待っているだけなんて辛すぎる。

近くには休憩したり充電できるようなところも無いんですよ、田舎だから。

鍵がなおってからJAF呼んだら夜になるなーとか考えてました。

そして……

私は賭けました。

JAFに電話しました。

JAFのお兄さんが来てくれるまでは、私はアパート下で耐えました。

スマホをいじることも出来ず、ただじっと立ってうろうろしながら待ちました。不審者?

でもだって部屋の前や車の中よりアパート下の方がずっと涼しかったから!

JAFのお兄さんありがとう、電池残量は4%

そしてJAFのお兄さんが来てくれて、車をなおしてくれた♪

JAFのお兄さんありがとう!!

デジタル会員証もちゃんと提示することが出来ました。

ここで電池残量4%。

なんと、ここまでスマホ電池は足りました

ここで切れるのが一番最悪な状態だったので、これは明らかにラッキーです!!!!!!

お兄さんに「これからどっか行く予定だったんですか?」と聞かれたので、ありのままを答えてあげた。

お兄さんはちょっとだけ返答に困っていたように思う。あはははははははh

もう一度いいます、JAFのお兄さんありがとう!!!!!!

みんな是非入会してあげてください!

全国どこの場所でも対応してくれるというのは、転勤族や単身者にはとっても心強いです。

あとは鍵屋さんまで電池が持ちますように

あとはもうただ鍵屋さんを待つだけだでした。

電池がこれ以上減りませんようにと願いながら待ちました。

車で充電はあきらめましたよ。だってそれでバッテリー減らしてまた車がおかしくなったらもう目も当てられなくない!?

そして鍵屋さんは来てくれた

「あー、鍵壊れてますね」

ドア側の鍵の故障でした。やはりそうだよねえ。

そしてものの数分で鍵は取り外され、新しい鍵がつきましたよー♪ 

鍵を外すときにものすごい音がしたので、下の階の人が「何事だ」と様子を見に来るハプニングはありましたが。

お代は無料だったのでこれは良かったですね♪

数時間前に不動産屋のお姉さんが、去り際に「費用はかかりませんので」と言ってましたね♪♪

外はもうだいぶ暗くなりかけ、そして涼しくなりかけていました。

そんなとっても暑かったある日の午後の出来事でした。

おわり。

ちなみに車のバッテリーはこの後またおかしくなって、結局その後交換した模様。

関連カテゴリー→小ネタ雑談