食べ物の記事

「ボロネーゼ」と「ミートソース」の違いはなに?

スパゲティを食べ続けて20年以上。

今更ながら、「ボロネーゼ」と「ミートソース」の違いが分からないことに気が付きました。どちらも「ひき肉」「トマトケチャップ的なもの」を使っていると思うのですが、どう違うのでしょうか?

で、調べてみたら、全然違う料理に思えてきてしまいました。

結論

「ボロネーゼ」はイタリア・ボローニャ地方発祥で、牛ひき肉やパンチェッタを、刻んで炒めた野菜といっしょに赤ワインなどで煮込んだ料理のこと。「タリアテッレ」という幅広のパスタにかけていただくのが本場流です。

「ミートソース」はアメリカから伝わったとされる料理で、ひき肉や野菜を炒め、ケチャップなどで煮込んだ料理です。「ボロネーゼ」よりも甘みが強い仕上がりになります。

さらに、どちらかというと「ボロネーゼ」の方がしっかりと煮込んであり、肉の割合も高い傾向です。

「ボロネーゼ」とは?

イタリア北部のボローニャ地方発祥のパスタ料理です。「ボロネーゼ」の語源にもなっていますね。

ただし本場ボローニャでは「ボロネーゼ」とは呼ばず、「タリアテッレ・アル・ラグ」と呼ばれ、イタリアでは「ラグ・アッラ・ボロニェーゼ(ボロネーゼ風煮込み)」と呼ばれます。

ひき肉やトマト、野菜、ワインなどを煮込んだ「ラグー(煮込み)」を茹でたパスタにかけていただきます♪

また本場ボローニャでは、平たい麺(タリアテッレ)で食べるのが伝統で、麺の作り方も南部イタリアとは違い、卵を入れてつくるそうです。

「タリアテッレ」は「フェットチーネ」と似ていますが、もう少し薄く細いです。

イタリアの地図

「正式なレシピ」がある?

1982年10月17日に、「イタリア料理アカデミー・ボローニャ支部」から正式なレシピが発表されています(配合は不明です)。

これによると、使用する材料は

  • 牛ひき肉
  • パンチェッタ(塩漬け豚バラ肉)
  • 細かく刻んだ玉ねぎとにんじん、セロリ

まずこれらをオリーブオイルで香ばしく炒めます。このときひき肉はひき肉だけで、塊のまましっかり焼くと美味しいそうです。

それから、

  • トマトペースト
  • 肉のブイヨン
  • 赤ワイン

を加えてじっくり煮込みます。お好みで牛乳or生クリームを加えても良いとのこと。

トマトの水気がなくなるぐらいまで、お好みで数十分から数時間煮込むようです。

そして、使うパスタは「タリアテッレ」という卵を使った幅広のパスタです。

こう見ると、意外に簡単にできそうな気もしますね。材料費はちょっとかかりそうですが……。

ボローニャでは家庭によってレシピも違い、赤ワインではなく白ワインを使う場合もあるようです。

「ミートソース」とは?

明治・大正期にも「スパゲティミートソース」は日本に入ってきていましたが、現在の味付けに近い「ミートソース」は、戦後にアメリカから日本へと入ってきたと言われています。

ひき肉や野菜を炒め、ケチャップやウスターソースなどで煮込みます。ボロネーゼより甘みが強くなっています。

つくりやすいためか、昭和の喫茶店などでよく提供され、キユーピー「缶入りミートソース」のヒットを経て、すっかり家庭に定着しました。

赤ワインなどがなくても美味しいので、家庭でもつくりやすいですね。

まとめ

似たようなものだと思っていたのですが、調べてみたあとは「ボロネーゼ」と「ミートソース」は全然違うものに思えてきたから不思議です。

「ボロネーゼ」はイタリア・ボローニャ地方発祥で、牛ひき肉やパンチェッタを、刻んで炒めた野菜といっしょに赤ワインなどで煮込んだもの。本場では「タリアテッレ」という幅広のパスタにかけていただく。

「ミートソース」はアメリカから伝わったとされる料理で、ひき肉や野菜を炒め、ケチャップなどで煮込んだ料理。「ボロネーゼ」よりも甘みが強い仕上がり。

なるほど、どちらも美味しそうです。わたしはパスタソースは濃いめ・甘めが好きなので、これから選ぶときに名称で迷いが出てきそうです。

でも言えることはひとつ、「ボロネーゼ」も「ミートソース」もどちらも美味しい!!