小ネタ雑談

歩いてたら変質者に間違えられた!!しかも……

今日は変質者に間違えられた話をしよーと思います!

わたし、いちおう女の子で、背もわりかしちっこいんですよ!?

ふつーにいつもどおりに、家に帰ってたんです。

時間帯もそれほど遅くなく、それほど暗い道でもないというか、むしろ地域のメインストリートですよ。

6メートルぐらい前には、若い女性が歩いてました。

それで追い越すでもなく近づくでもなく、何も考えずにてくてく歩いていたら、急に女性がダッシュして逃げていったんですよ!

「えー!?」って思って。

「もしかして変質者に間違えられた!?」って思いました。

それだけならまあまだいいわ。

もやもやしながら家に帰って寝れば忘れる話よ。

問題はその先で、ダッシュして入って行った先が、なんと私のアパートだったんですよね!

女性がそのまま階段をダッシュして上がっていき、玄関をガチャガチャバーンとやって、部屋に入ったのが分かりました。

しかもその部屋というのが、わたしの隣の部屋だったんですよ。

また「えー!?」って思いましたよ。その部屋を通り過ぎないと自分の部屋に入れないわけですよ。

一瞬迷ったんですけど、わたしなにも悪いことしてないし、自分の部屋に帰るだけだし。ここで止まったらかえって怪しいし。

そのまま自分の部屋に向かいました。

まあのぞき窓からのぞかれてるんだろーなー、ぐらいは思ってましたけどー。

そして、その隣の部屋を通り過ぎようとしたとき、事件は起こりました。

私が隣の部屋の前まで来た瞬間に、 その部屋の住人である男性(多分女性の彼氏)が、ドアからバッと飛び出てきたんです。

ああ、かっこいいですよ。愛する女性を脅かそうとした変質者と闘う、素敵な彼氏ですよ!

男性は私を見ると、そのまま静かにドアを閉じて部屋の中に帰って行きました。

「いや、せめて何か言えよ!!」

そんだけです、おわり。

関連記事→小ネタ雑談

関連記事→部屋に入れず車も乗れずスマホも電池がなかった日のお話