季節行事

【2022】暖房器具はいつ出す?「亥の子の日」にこたつ開き?

こたつの写真

こたつや暖房器具をいつから出すか、毎年迷いますよね?

めんどいこたつも思い切って出す日が決まってしまえば、重い腰も動くというもの。

実は、「こたつ開き」をする日というのが昔からあるんです。

それが「亥の子の日」です。

「亥の子」というのは、”亥の月(旧暦10月・新暦11月)”の最初の”亥の日”のことで、日付は毎年変わります。

2022年の「亥の子の日」は11月6日(日)となっていますよ。

この日に「こたつ開き」「炉開き」をすると縁起が良いとされています。

2022年の最初の”亥の子の日”は?

日付は毎年変わる

「亥の子の日」は毎年日付が変わるので、注意が必要です。

2022年の場合、最初の「亥の子」の日は11月6日の日曜日になります。

近年では新暦11月最初の亥の日を「亥の子」とすることが多いです。

「亥の子」に暖房器具を出すと火事にならない?

「亥の子」に暖房器具を出すと火事にならない、と昔から言われています。

これは陰陽五行思想の五行説にもとづいています。

五行説にもとづいている

”亥”は五行説で「水」を表します。

なので”亥”が重なる日に暖房器具を出すと、火事にならないと考えられました。

”子”については、”亥(いのしし)”は子沢山なため、”子孫繁栄”を願う意味になるようです。

”亥”は12番目なのに旧暦で10月になる理由

十二支では”亥”は12番目ですが、古代中国では冬至のある月(陰暦11月)を「子月」としていました。

それを日本でも引き継ぎ、陰暦11月を”子(ね)”とし、陰暦10月が”亥(い)”となりました。

また旧暦では10月~12月が”冬”にあたるので、10番目の月である”亥の月”は冬の始まり、初冬でもあります。