橋(高知)

【高知市】大鋸屋橋(おがやばし)周辺、春は桜が綺麗です

菜園場商店街から電車通りを渡って、南へ行ったところにあります☆

大鋸屋橋(おがやばし)

大鋸屋橋(おがやばし)と読みます。

鏡川ではなく、その北側の水路である堀川にかかる橋です。

「おがやはし」と書かれていますが、これは川がにごるのを嫌って、にごらず「はし」と書くことが多いからだそうです。

高知の他の橋も見てみましたが、「はし」になっているものも「ばし」になっているものもありました。

幕末に新しく架けられた橋

幕末に架けられ、南の九反田へと通じています。

この橋によって、このあたりは商人街として発展するようになりました。

現在ある大鋸屋橋は1960年8月架設です。

春は桜がきれい

このあたりは船の回転場です。

川沿いには桜並木があり、春は写真を撮っている人も多いです。

西側はかるぽーとまで、遊歩道と桜並木がつづいています。

下の写真の、丸みを帯びたガラス張りの建物がかるぽーとです。

下の写真で、右下に橋のようなものが見えますが、これは幡多倉橋(はたぐらばし)です。

かつてあった幡多倉橋を記念した建造物のような感じです。